TOP > どんな病気なの?子宮頸がん > 子宮頸がんはどう治療するの?

もっとよく知ろう!よく解る子宮頸がん どんな病気なの?子宮頸がん

検診がなぜ必要なの?どう役立つの?子宮頸がんはなにが怖いの?治療はできるの?こんな疑問が、すぐに解決!!

  • (1) 「子宮頸がん」と「子宮体がん」は まったく違う2つの病気。
  • (2) 20代~30代の女性に 子宮頸がんが増えている。
  • (3) 子宮頸がんはどう治療するの?

(3) 子宮頸がんはどう治療するの?

子宮頸がんは治せるの?

子宮頸部の細胞はHPVに感染した状態が長く続くと、持続感染した細胞に進行します。その一部のケースで細胞は変化し、がんになる前の異形成を引き起こします。この段階で子宮頸がん検診によって発見できれば、がんになる前に治療できます。しかし、この段階を見逃すと上皮内がんという初期がんの段階を経て、浸潤という状態に変化し進行してしまいます。 上皮内がんや異形成の段階で発見できれば、簡単な手術で処置ができるので子宮も取らなくて済み、妊娠も可能です。また非常に早期のがんで発見すると、適切な治療とフォローが行われれば再発・転移することはまずないといわれています。

早期の子宮頸がんの治療は?

子宮頸がんでは、がんの進行によって、治療法が異なります。子宮頸がんの治療は、基本的に手術療法が中心になります。早期の子宮頸がんの治療では「円すい切除術」が最も多く行われます。また最近では「光線力学的治療」を行っている施設もあります。

〈円すい切除術〉
「円すい切除術」は子宮頸部のがんのある部位を、円すい状に切り取る方法です。レーザーや高周波メスを使うことが多いこの手術は出血が少なく、手術時間も15分から20分と短く済みます。子宮そのものに大きな影響がないため、手術後も妊娠が可能ですが、流産や早産の可能性が多少高くなるとされています。
〈光線力学的治療〉
「光線力学的治療」はまず、がん細胞のみに取り込まれる光感受性物質をからだの中に注入します。その後、特殊レーザーを照射して、光感受性物質で取り込んだがん細胞を死滅させる方法です。治療後、2~3週間は暗室での入院生活が必要になり、退院後も直射日光を避けるなどの注意が必要です。

進行した子宮頸がんの治療は?

さらに進行したがんでは、子宮を摘出する手術や放射線療法や化学療法の組み合わせの治療になります。原則として「広汎子宮全摘術」が行われます。子宮だけでなく、膣の一部、周辺の結合組織、リンパ節、卵巣、卵管などを切除します。がんの進行の程度によっては、手術のほか、放射線療法や化学療法を組み合わせた治療が行われます。

  • (1) 「子宮頸がん」と「子宮体がん」は まったく違う2つの病気。
  • (2) 20代~30代の女性に 子宮頸がんが増えている。
  • (3) 子宮頸がんはどう治療するの?