子宮頸がんの最新レポートをお届け!あかずきんニュース

がん撲滅に本気の自治体と一緒に取り組みます!
子宮頸がんゼロを目指して佐賀県と連携協定を締結

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長 兼 CEO:小笠原 信)は、HPV(ヒトパピローマウイルス)併用検診による子宮頸がん撲滅に取り組む佐賀県と「女性をがんから守る連携協定」を締結しました。

佐賀県は、2017年度より「ほっとかないで、ほっとしよう。」をキャッチフレーズに、がん検診の普及啓発を集中的に行っていますが、受診率はほぼ横這いで推移しており、特に女性の受診率が低い状況です。女性特有のがんのひとつである子宮頸がんは、HPVの持続感染が原因で引き起こされるため、細胞診の際にHPV検査を併用することで、がんを未然に防ぐことがより確実になります。そこで、佐賀県では、全国都道府県に先駆けて本年4月よりHPV検査を無料化し、さらに積極的に子宮頸がん予防に取り組んでいます。

本協定により、子宮頸がんをはじめとする女性特有のがんの予防に関する知識の普及や検診受診率の向上のためのコミュニケーションにおいて、佐賀県とロシュ・ダイアグノスティックスが連携・協力します。女性特有のがんについて、避けられるがんを防ぐとともに、早期発見・早期治療を促進することにより、佐賀県の女性をがんから守ることを目指します。

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社 2019/11/27付 プレスリリースより一部改編ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社 2019/11/27付 プレスリリースより一部改編