子宮頸がんの最新レポートをお届け!あかずきんニュース

ロシュ・DeNA 子宮頸がん検診の啓発プロジェクト
「Blue Star Project」を共同で発足

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO 小笠原 信、以下ロシュ)と株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO 守安 功、以下DeNA)の子会社であるDeSCヘルスケア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:三宅 邦明、以下DeSCヘルスケア)は、子宮頸がん検診の受診率向上を目指す「Blue Star Project(ブルースタープロジェクト)」を共同で発足しました。具体的施策の第一弾として神奈川県横浜市をモデル地区とした啓発活動を予定しています。

特設サイト特設サイト:https://blstr.jp

子宮頸がんの国内の年間罹患数は約10,900例、年間死亡者数は約2,900名と言われており、女性のがん罹患統計では5位に入ります(※1)。また罹患年齢が20代にも広がるなど若年化が進む中で、全世代の検診受診率は欧米諸国の70%〜80%に対し42%程度(※2)と低い実態があります。

ロシュは、臨床検査用の診断薬・機器のリーディングカンパニーとして、病気の早期発見、より良い治療の選択、そして治療モニタリングのために、価値ある検査の提供に努めています。子宮頸がんにおいては、HPV検査による早期発見の重要性を訴求するとともに、子宮頸がん予防のためのさまざまな啓発活動に取り組んでまいりました。

DeNAではこれまで、ゲームやスポーツ等の事業で培った独自のノウハウを活かして、人々が楽しみながら健康を維持し、社会全体の健康寿命延伸に繋がることを目指した、様々なヘルスケアサービスの提供や研究活動に取り組んでまいりました。DeNAは病気になる前のケアや対策を推進する企業として、DeNAとしては初となる特定疾患の検診受診を促す啓発活動に取り組みます。

  • (※1)国立がん研究センター「がん情報サービス」より

  • (※2)2016年 厚生労働省「国民生活基礎調査」及び「OECD Health at a Glance 2015, Nov2015」より

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社 2019/10/3付 プレスリリースより一部改編