• 子宮頸がんは
    20~30代で急増中

    20-39歳女性がんの罹患率推移1)
    (1975〜2015年)

    子宮頸がんは20~30代で急増中
  • 日本人の検診受診率は約4割で
    アメリカの半分以下

    子宮頸がんの検診受診率 20-69歳3)

    日本人の検診受診率は約4割でアメリカの半分以下
  • 日本の女性の
    がん死亡原因の第9位

    子宮頸がんによる死亡者数5)

    日本の女性のがん死亡原因の第9位
  • 早く見つければ
    90%以上治すことが可能

    「がん」確定診断から5年経過後に
    生存している患者の比率2)

    早く見つければ90%以上治すことが可能
  • 増え続ける、
    若い世代の子宮頸がん発症率

    20代~30代女性の発症率の推移4)
    (10万人あたり)

    増え続ける、若い世代の子宮頸がん発症率
  • 子宮頸がんは
    20~30代で急増中

    20-39歳女性がんの罹患率推移1)
    (1975〜2015年)

    子宮頸がんは20~30代で急増中
  • 早く見つければ
    90%以上治すことが可能

    「がん」確定診断から5年経過後に
    生存している患者の比率2)

    早く見つければ90%以上治すことが可能
  • 日本人の検診受診率は約4割で
    アメリカの半分以下

    子宮頸がんの検診受診率 20-69歳3)

    日本人の検診受診率は約4割でアメリカの半分以下
  • 増え続ける、
    若い世代の子宮頸がん発症率

    20代~30代女性の発症率の推移4)
    (10万人あたり)

    増え続ける、若い世代の子宮頸がん発症率
  • 日本の女性の
    がん死亡原因の第9位

    子宮頸がんによる死亡者数5)

    日本の女性のがん死亡原因の第9位
出典
  1. 国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」(全国がん罹患モニタリング集計(MCIJ))(1975~2015年)
  2. 全国がん罹患モニタリング集計 2009-2011年生存率報告(国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター, 2020)
    独立行政法人国立がん研究センターがん研究開発費「地域がん登録精度向上と活用に関する研究」平成22年度報告書
  3. OECD Health Statistics 2015
  4. 国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」(全国がん罹患モニタリング集計(MCIJ))より作図 *1990年と2015年のデータ参照
  5. 国立がん研究センターがん対策情報センター人口動態統計によるがん死亡データ(1958年~2018年)*2018年のデータ参照