TOP > このサイトの監修の先生からのメッセージ

このサイトの監修の先生からのメッセージ

早期発見のために、定期的に子宮頸がん検診を受けましょう。

子宮頸がんは、日本国内で年間約15,000人(上皮内がん含む)の女性が新たに診断され、約3,500人の女性が死亡している疾患です。発症率は50歳以上の女性では減少していますが、最近では20~30代の女性間で増加しています。
子宮頸がんの原因のほとんどは、HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスです。HPVは性交渉によって感染し、性交経験のある健康な女性の多くからも検出されます。そのため、子宮頸がんは性交渉の経験があれば、若い女性であっても発症する可能性があるのです。初期の子宮頸がんは、ほとんどの場合、何も症状がありません。不正出血、下腹痛、貧血などの症状が現れるころには、がんはかなり進行していることが多いという特徴があります。早期発見のためには、定期的に検診を受けることが大切なのです。

宮城 悦子 先生

横浜市立大学医学部がん総合医科学 教授
横浜市立大学附属病院化学療法センター長

専門は婦人科腫瘍学(癌の浸潤,転移に関する基礎研究,細胞診断学,手術,化学療法,集学的治療など全般)

この動画を見ると子宮頸がん・検診についてよく解る!

動画はこちら

動画はこちら

監修:宮城悦子先生